荒井佑輝

【荒井佑輝】楽曲紹介:心に羽を

楽曲紹介「心に羽を」

今日はミニアルバム「リシンメトリー」から「心に羽を」を紹介します。

「ビンテージロード」を書いてくれた学司さんの曲で、こちらは作詞作曲を担当していただいたんですが、、とは思えないくらい対極的な楽曲。さすが音楽性が果てしなく幅広い…

アルバムのバランスを考えたときに「ラブソング」に加えてもう一曲バラードを入れたくて、かつ重過ぎずゆったり聴けるような曲を探し、最終的にここに行き着きました。

僕はレコーディングには時間をかけたい人なんでそれもあって自宅に録音環境を作ったわけですが、この曲は思ったよりも比較的スムーズにレコーディングが進みました。

とは言っても、やってみたらたまたま上手くいったわけではなく、作家の学司さんが僕の歌い方のイメージを理解した上で一番心地良い声になるメロディラインを組んでくれてたからだと思います。

だから、聴いた時と歌ってみた時の曲の印象がまるで違って、自分の声を乗せてみることで更にこの曲の深みにハマっていきました。

世の中それぞれが本当に大変な状況で、会いたい人に会えない寂しさやもどかしさを感じたり、動けないことに焦ったり、周りに対して心が狭くなってしまったり…僕も予想外な部分でマイナスが生じてることに気づく場面が多々あります。

でもそんな時、ふと目に飛び込んできた夕焼けと、聴こえてきた虫の鳴き声のコラボレーションになぜか涙が出そうなくらい感動してしまって….なんか今まで見過ごしてた些細な幸せを改めて感じられたと言うか…

アルバムを聴き流す中で、そんな風にぼーっと景色眺めるみたいに聴いてもらえたら良いかなって思います。

荒井 佑輝

 

2020-08-19 | Posted in 荒井佑輝